自動車保険をどう選ぶか?

自動車保険をどう選ぶか?

自動車を購入した時に加入する保険として、自賠責保険と任意保険があり、一般的には任意保険の事を自動車保険と言います。
自賠責保険は自動車を購入した時に加入が義務付けられている保険で、任意保険は加入しなくても良い保険となっています。
しかし、訴訟時代となっている現在では、事故を起こした時の損害賠償額が以前より高額となっており自賠責保険の補償内容では損害賠償額には届かないケースが多くなっており、不足分を手出して支払う事が多くなっているようです。
自動車を購入する事は、様々な事故のリスクが発生するので、リスクを回避する為にも任意保険に加入する事が大事となります。
任意保険に加入する場合は、自賠責保険の事を把握して、不足する分を任意保険で補う様に加入する事が大事となります。
自賠責保険は、自動車を購入する方、全員に定められて国も制度です。
自賠責保険に加入しないと、自動車の車検証の登録ができないのでナンバープレートを貰う事ができません。
この事から、自賠責保険は期限切れにする事もできない保険となっています。
自賠責保険の制度ができた経緯としては、自動車保険が多くなった事に対して、最低限の補償を確保出来るようにするのが目的となっています。
自賠責保険の補償内容は対人事故の補償のみとなっており、補償額は傷害に対しては120万円、後遺障害に対しては、最も重い1級で4,000万円、死亡させた場合は3,000万円となっています。
自賠責保険の補償内容は対人保険のみで、補償額も現在では少ない補償額となっています。
最近の対人事故の場合、損害補償額が高額となっており、自賠責保険の補償のみでは不足するケースが増えており、手出しをするケースが増えているようです。
任意の自動車保険に加入して、自賠責保険で補償されない事故に対しても補償金で全てを支払える様にする事が大事となります。
任意保険の補償には対人事故の他にも対物補償、同乗者補償、対車等の補償があります。
自動車を購入して、走る場合は、様々な事故を起こすリスクがある事を認識する必要があります。
自動車事故の加害者になり、一生をだいなしにするケースも多くあるので、自動車事故のリスクを回避する為にも任意保険に加入する事が大事となります。
記事を共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016自動車保険をどう選ぶか?.All rights reserved.